Now Loading...

個別指導塾|安曇野市穂高|Minori

無料体験授業申込み
tel.0263-87-5415

ブログ

2020.Mar.27〔Friday〕

ポロっとこぼすのは、喜びのみにして。

こんにちは、塾長の太田です。

公立高校後期試験の合格発表があった翌日、ある生徒さんのお母さまより、本当に有難いメールを頂戴しました。

一年前に、ホームページを一部更新するにあたって、私が管理会社様にお願いして「生徒さんたちの声」という枠を設けていただき、生徒さんや保護者の方に書いていただいたメッセージを、スキャニングして掲載することを考えました。しかし、根っからのひねくれものであり頑固者である私は、そうした自らの草案を現実にうつすことを躊躇しました。自然発生的でないメッセージを掲載することの意義を見いだせなかったからです。

今回頂戴したメールにつきましては、今後、初心を忘れずに、さらに向上するために努力する覚悟を改めて確認し、その覚悟を実行するための自戒の念を込めて、その内容を下記に綴ります。

「〇〇高校の合格がわかった〇〇は、早く太田先生に報告したいと言っていました。それだけ先生に良くしてもらい、塾の授業が良かったのでしょう。面接でお話した通り、中1・2でだらだらしていた○○。塾に入ってどうなるかと思っていましたが、自習も含め楽しかったと言っています。私はと言えば、ムダとわかりながらも、『ちゃんと勉強しなさーい』と言い続ける毎日・・・先生の対応がよっぽど良かったのでしょう。本当にありがとうございます。体調はいかがでしょうか?春休みもない先生、一息つくのも大変だと思いますが、どうぞお身体をお大事に。」

こうした有難いお気持ちを、直球として受けとめさせていただく覚悟と感謝の気持ちを忘れない限りにおいて、私はこの仕事を続けます。そうした直球を受けとめたときに、球をこぼしてしまうことがあれば、それは身の引き時を意味します。それが内的要因・外的要因のいずれにしても、悔いのないように、毎日当たり前のことを当たり前にできるように精進します。