Now Loading...

個別指導塾|安曇野市穂高|Minori

無料体験授業申込み
tel.0263-87-5415

ブログ

2020.Jul.25〔Saturday〕

姪っ子と金魚

こんにちは、塾長の太田です。

塾講師の仕事は、大切な生徒さんをお預かりするという重大な責任を、薄い紙っぺら1枚で支えるようなもので、大切なのは、身がすり減ろうと何度も何度もアプローチをくり返すということであると、身をもって感じております。

そんなことを考えていると、先日、私の姉から姪っ子について聞いた話が想起されます。

5歳の姪っ子は、お父さんとお風呂に入っていて、お風呂場には金魚すくいのおもちゃがあるそうです。

あるとき、パパとお風呂に入っている姪っ子が、そのおもちゃを手に、パパのお○○〇〇をすくって、「どうして、こんなところにお○○〇〇があるんだい?」と言ったそうです。

先日、姪っ子が我が家に来てくれたときに、バァバが「どうやってすくったの?」と聞くと、「ななめから」と答えたそうです。

 

塾という空間の水面に泳ぐのは、多くの可能性を秘めた“金魚”とたとえることもできる生徒さんたち。

生徒さんを“すくおう”とすればするほど(生徒さんの気持ちをつかもうとすればするほど)、紙は破れます。

生徒さんに真正面から向き合っていて、行き詰まったとき、“角度を変えて”アプローチすることも大切だと、5歳の姪っ子から教えてもらったような気がします。

手のとどかぬかゆいところは“孫の手”で、硬直した脳という気づかぬ病をときほぐすのは“姪っ子の手”で。